セミナー 一覧 Seminar

JIS Q 9100:2016 規格解説セミナー

航空宇宙等のハイリスク, ハイコスト製品に対して、 厳しい要求事項であるJIS Q 9100規格を理解して、QMSを構築・運営する必要があります。Boeing, GE等からの特有な要求及び運用リスク、形態管理、製品安全、模倣品の防止、供給者管理、製造管理、不適合製品の管理等への対応について、長年航空宇宙産業で品質保証に携わった講師が解説します。中間で小テストを行い、理解を深めていただきます。

JIS Q 9100:2016 内部監査員養成セミナー

 内部監査員としての基本的な監査手順、適合性及び有効性(タートル図を活用)の監査手法を勉強していただきます(一日目)。二日目は、適合性、有効性のケーススタディを参加者の皆さんでチームを組んで討議し、発表していただきます。受注、設計、購買、製造、検査等の各プロセスについてケーススタディ(5~7ケース)を通して、内部監査手法を習得していただきます。

品質保証まるわかりセミナー

♦品質保証専門会社の目線
 専門家による目線でJISQ9100の基本を解説します。
♦書類作成の模擬体験
 書類をワークショップで作成・体験できます。
♦模型飛行機の作成
 当社オリジナルの模型飛行機を作成することで検査員として必要な技量を学べます。

【一日】ヒューマンエラー+なぜなぜ分析セミナー

【ヒューマンエラー】
ヒューマンエラーは、なぜ発生するかについて理解し、発生時の対策へつなげる分析手法や
未然防止対策のための分析方法を解説致します。

【なぜなぜ分析】
なぜなぜ分析の手法を勉強した後、特性要因図を用いたなぜなぜ分析について演習問題を通して
実践的な活用方法を習得頂きます。

ショットピーニング・ワークショプ 初級

このコースは、特殊工程であるショットピーニングの基礎知識を必要とする操作者、技能者をはじめ、管理職など、すべてのレベルの業務に対応しています。航空宇宙産業で必要とされる能力の訓練に適した総合的なコースとなっています。

ショットピーニング・ワークショプ 中級

このコースは、生産技術者や管理者に最適な、特殊工程の開発に要求される事項に特化された中級レベル向けのトレーニングコースです。手順書(テクニック・シート)及びショットピーニングの手順の開発(設定)のための手引きと知識が得られます。 

ショットピーニング・ワークショプ 上級

航空宇宙用部品のフラップピーニングを適切に行うために必要な知識と技能が身に付きます。フラップピーニングの基礎知識及びテクニックと使い方の実践的なトレーニングを行います。注記:本コースの初日の内容は、レベル1(初級)の初日の内容と同一です。

フラップピーニング 実践的アプローチ

航空宇宙用部品のフラップピーニングを適切に行うために必要な知識と技能が身に付きます。フラップピーニングの基礎知識及びテクニックと使い方の実践的なトレーニングを行います。注記:本コースの初日の内容は、レベル1(初級)の初日の内容と同一です。

経営に役立つQCD改善セミナー

航空宇宙産業においては、品質確保(Quality)が最重要事項ですが、コスト(Cost)や納期確保(Delivery)の要求も厳しくなってきています。
これらの要求に応えていくためには、組織全体で改善活動を行っていく必要がありますが、組織全体で効率よく改善活動を進めるためには、道具(=管理技術)をうまく使ってマネジメントしていくことが重要です。
本セミナーでは、モノづくりの基本である「Q=品質管理」、「C=作業改善」、「D=生産管理」及び「マネジメント」の基本とこれらの改善の進め方を、事例や演習問題を通して解りやすく解説致します。

リスクマネジメントとFMEAセミナー

プロジェクト目標達成、又は新製品開発の技術的リスク、短納期リスクを軽減するための簡便なリスクマネジメントの進め方と FMEA(故障モード影響解析)を習得して頂きます。