***<メニュー>***********************

01. コラム「お客様への対応と報告」
02. セミナー開催のお知らせ
03. JISQ9100関連書籍販売のお知らせ
04. コンサルティング関連
05. 計測センター(KMC)
07. 求人のお知らせ(関東方面)

*************************************

 

【01. コラム「お客様への対応と報告」】

 

前回のコラムでお約束したのは、次の3つ分けて掲載することでした。

 

  • ・クレーム情報を受けた時の基本動作
  • ・原因究明と対策の立て方
  • ・お客様への対応と報告

 

今回は、最後の「お客様への対応と報告」です。

筆者は、次の3つをポイントにしています。

 

(1)対応はスピードを持って誠実に!

・まず第一に、お客様にご迷惑をおかけしていること忘れずに!

・社内検討メンバにも優先順位を上げさせる。もちろん早ければいいということではありません。やるべきことはきちっとやります。

 

 

(2)途中段階の報告も大切

・問題の大きさにもよるが、検討に時間がかかる場合など途中の段階で検討状況の報告をお客様に行います。今後の調査スケジュールを示し、要所要所の中間報告の時期、最終報告の期限などを決めます。

・機能不良などの場合には、可能性のあるすべての原因を取り上げ評価するFTA(故障の木解析といいます)を使い、原因究明の現状と今後の詰め方をこれで説明すると「クレーム対策を体系的に進めているな」というお客様の評価にもつながります。

 

 

(3)報告書のスタンダードタイプは?

一般的には、報告書に下記を盛り込むのがよいでしょう

①クレーム内容

②製造に関する調査での判明事項

③緊急流出対策(囲い込み)

④クレーム品の調査結果

⑤発生原因(発生系/流出系)

⑥是正対策(発生系/流出系に分けて暫定/恒久)

⑦水平展開

⑧再発防止策

⑨効果の確認

 

更に、クレーム報告書として、上記の項目を盛り込んだフォームを作っておいてフォームに従ってすべてを検討して書き込むと抜けなく処置ができることにもつながります。いわゆるクレーム処置の標準化のようなことです。

 

 

(追加情報)

・実は、8D分析(8Decipline Problem SolvingでDisciplineは「しつけ」、「規律」の意味)というのがあります。海外エンジンメーカで使われているものです。筆者もかつてこの分析を何度かやって報告した経験があります。国が違ってもクレーム発生時の対応には、変りがないということなのでしょう。

 

 

8D分析について興味のある方は

https://en.wikipedia.org/wiki/Eight_disciplines_problem_solvingを参照ください。

(英語版で申し訳ないです)

 

 

 

文責 山本

 

【02. セミナー開催のお知らせ】

「JISQ9100:2016規格解説セミナー」
<東 京> 07/24(水) 08/07(水) 10/02(水) 11/06(水) 12/04(水)
<名古屋> 09/25(水) 11/27(水)
<神 戸> 07/08(月) 08/19(月) 09/04(水) 10/23(水) 12月(7月初頭決定)

 

「JISQ9100内部監査員養成セミナー」
<東 京> 07/25(木)~26(金) 08/08(木)~09(金) 10/03(木)~04(金) 11/07(木)~08(金) 12/05(木)~06(金)
<名古屋> 09/26(木)~27(金) 11/28(木)~29(金)
<神 戸> 07/09(火)~10(水) 08/20(火)~21(水) 09/05(木)~06(金) 10/24(木)~25(金) 12月(7月初頭決定)

 

【03. JISQ9100関連書籍販売のお知らせ】

株式会社ティ・エフ・マネジメント様で販売しておりました
下記の書籍を当社でも販売開始致しました。

 

・JISQ9100:2016航空・宇宙・防衛 品質 マネジメントシステムの解説
販売価格:¥5,500円(税別)

 

・JISQ9100:2016航空宇宙QMS 実務ガイドブック
販売価格:¥3,500円(税別)

 

ご購入はこちらよりお願い致します。

 

【04. コンサルティング関連】

JISQ9100に関わる以下についてご支援させていただきます。

・JISQ9100認証取得・維持支援
・Nadcap認証取得支援
・QMS診断/コンプライアンス遵守
・事業場に認定の承認支援等

 

【05. 計測センター(KMC)】

三次元測定機を用いて以下のサービスを提供させていただいております。

・計測受託
・プログラム作成受託
・プログラムの最適化
・FAI代行
・オペレーター研修

 

【06. 求人のお知らせ(関東方面)】

弊社では既存事業である大手重工業様とのお取引での航空・宇宙品質保証業務30年の実績及び知見を基に「JISQ9100認証取得・維持支援」や「企業様向けセミナー」、また「TFM社の事業継承」と精力的に活動しております。
さらに直近では拠点である名古屋だけでなく、関東方面への進出を計画しております。
つきましては共に事業を推進できる方を募集いたします。